【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
正しい歯医者の選び方。
大人になった今でも歯医者が苦手だという人は依然として多い。 歯医者独特の「キーン」という甲高い音や歯を削ったり抜いたりする際の 体を仰け反りたくなる痛みが彼らの苦手意識をより強くさせる。 今回はそんな苦手意識を簡単に克服できる、歯医者を100%楽しむ方法を紹介する。
正しい歯医者の選び方。
歯の治療を100%楽しむためには、まず歯医者が女医なのか男医なのかを事前にチェックすることが最低限必要。 ここで、確認しておきたいのが必ずしも女医だからいいというわけではないというこである。 というのも、医者が男医の場合は周囲にいる歯科助手たちが将来の玉の輿を狙って色めきたっており、 そういう意味で、女医の場合より歯科助手たちのレベルは高くなることが多い。 その辺を踏まえて慎重に歯医者を選択してほしい。
前述の通り、歯医者が「女医」か「男医」かによって周囲の歯科助手たちの気合いの入れ方はかなり変わる。 その気合いの入れ具合は白衣のスカートの丈の長さに自ずと表れてくるだろう。

その「男医」と「歯科助手」たちの微妙な男と女の駆け引きを見るのは とても楽しいものである。 歯の治療がエンターティメントである理由のひとつがここにある。

正しい歯医者の選び方。
単純に白衣といっても、様々な色味がある。 純白、薄いピンク、薄い青・・・ ここで何かに気づいた人もいるかもしれない。 そう、白衣の色は女性の下○の色に似ているのである。

白衣が歴史的に見て、特別なものだとされてきたのは ここに理由があるのかもしれない。 単なる白衣に歴史の重みを感じるというエンターティメント。

この際、歯医者の歯医者としての腕のよさなど全く関係がない。 歯医者独特の「キーン」という音や歯を削ったり、抜いたりするときの痛みを できるだけ和らげるためには 「歯の治療そのものを楽しむ」という絶対的な姿勢が必要。 仮にその歯医者の技術が稚拙で、 歯の詰め物が取れてしまって再び治療に行かなくてはならない事態になっても、 「歯の治療自体を楽しむ」という姿勢があれば何の苦にもならないのである。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加